緊急事態宣言の解除がなされましたら

ようやく、といった感があります。

本日解除されましたら、明日より、レンタルを開始いたします。

ただし、都の休業協力金のための休業が31日までということに変更がなければ、

31日まで休業いたします。

今週中は小、中スタジオのみのレンタルです。大は、動画撮りで使用しますので、片づけ等終わっておりません。

 

スタジオ利用の注意点等、まとめましたら記載いたします。

まずは、手拭きタオルはお持ちください!(お手洗い時に)

 

6月以降は大スタジオのみのレンタルとなります。こちらは、おひとり使用が1800円となっておりますが、小、中が使用できるまで1000円で提供いたします。

 

わたくしの業態は、今回、休業を余儀なくされましたが、

ようやく開けられるなあ、という思いです。

しかし、振り返ってみると、何一つ補償のようなものを受けられておりません。

対象となるのは、

持続化給付金⇒提出後、不備ありとのメールで、再提出。見本の提出書類(決算書)がおもて面だけで載っていたので、おもて面のみ送ったら、おもて裏提出しないといけなかったのが、不備だと思われます。

都の休業協力金⇒提出済み。書類多し。その後未入金。

こちらは、場を運営しているので対象と思われますが、同じ業界の方で、

レンタルでスタジオ使用しているかたも、申し込みしているみたいで、

しかも、週にいろんなスタジオでクラスを開催している方は2か所で申し込みしているようです。・・・というように、説明が分かりにくいので、自分も対象だと思ってしまっているみたいです。たぶん、対象ではないと思うのですが、確実ではないので分かりません。

都のアーティスト支援⇒こちら、5月15日平日!!金曜日に受付開始と同時に、あの、シャープのマスク販売時のような様相でした。全然、ネットがつながりません。夕方につながりましたが、これもまあ、記入事項の多いこと多いこと。その後IDが発行されるということでしたが、まだ来ませんし、どのように作品を提出するのか全く未知です。

特別定額給付金⇒こちらはみなさんも同じですよね。もちろん、申込みすらできません。

家賃補助⇒まだ、決まってないですからね。これは、決まれば大きいですけどね。

 

この状況で、ここまで感染状況が減らせたのは、すばらしくないですか!!

なので、

「緩んできた」

の言葉には、

「あのー、マスク一枚でここまでやりましたけどー」

と言いたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です