2021年新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年は、みなさん例年と異なる幕開けを送っていることと思います。

私も、例年は2日にお墓参り、3日には兄一家と一緒に食事、など予定が入り何かと忙しく過ごすのですが、今年はそういった予定も全くなかったため、よく食べ、よく練習し、、、という冬休みでした。

とりわけ練習に関しては、普段ゆっくりじっくり時間を取ることができないのでこの休み中に腰を据えてタラントを作ろうと思っておりました。まあ、結果的には出来上がらなかったのですが。なにせ10年ぶりくらいになってしまうので、なかなか進みません。

コロナ禍になって、文化芸術活動に深刻に影響が出ましたが、生きているうえで人はアートを欲している、ということも浮き彫りになったのではないでしょうか。それは人により大なり小なり違いはあります。ある人は自粛期間中の本格料理にアートを見出したでしょうし、家の中の断捨離なんかもアート作業の一つかもしれません。私は、今舞台活動をしていない分、踊る曲を巡ってあれこれ考えたり、試したり、悩んだり、そういったことが贅沢なアートの時間です。筋トレなんかも、自分の身体を作り上げていくのだから、アートを感じられる時間ですし。まだまだ、身体の出来も、技術も、知識も、表現もいたらないことだらけで、勉強できる余地がいっぱいあることがありがたいことです。

みなさまも、今年一年まだまだいろいろありそうな予感な中で、充実したアートの時間を過ごせますよう。そしてそれがフラメンコである人は、レッスンやスタジオレンタルでお役に立てますよう!

昨日、緊急事態宣言が視野に入ってきたような雲行きがありましたが、いまのところレッスンは通常通り行います。うちのスタジオでのレッスンは、窓開け換気、人数制限、(後藤目線での徹底)除菌清掃により、会社、学校、電車等々よりも安心感があるという意見により、このまま行う予定です。

引き続き、健康に気をつけて過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です