文化庁の、、、どうなるのかな。

常にいくつかのことを並行して進めているのだけど、誰も雇っていない個人事業主ゆえすべてに置いて自分が責任者。質問はすべて自分に来るし、自分で対応しなくてはいけない。自分の裁量で物事を運べる半面、自分次第で、良くもなり悪くもなる。

 

さて、今進めているものの中のひとつは

文化庁事業のARTS FOR THE FUTURE

施設運営者が施設を使用して行う興業にも補助が出るようなので、挑戦することとした。

計画では第3期までの応募期間がある。第一期の申し込みに間に合わせるつもりで準備していたが、はたと気が付いた。施設に対しての補助なので、入金口座は個人名義ではなくスタジオ名義ではなくてはいけないかも!文化庁で確認すると、やはりそうであったので、あらたにスタジオ名義の口座を開くこととした。

しかし、昨今、簡単に事業用口座は開けないようなのです。

いろいろな書面を用意し、審査期間があって、ようやく口座が開けたのは、第一期締め切り後でした。

なので、第2期に申し込もうと、サイトを見ると、、、

第一期の申し込みが5000以上あって、審査が終わったのはごくわずか。

しかも、半分しか採択されておらず、半分くらいは不採択ときた!で、第2期の申し込みに関しては、未定と。

 

この状態、かなり困ることになる団体や施設がある。私などは、採択されてから準備しても間に合うし、自分の施設なので予約とかキャンセルとか関係が無いのだが、もっと大きな団体とかになると、大規模な興業を予定していて、劇場も確保、アーティストや裏方さんなど関わる人も全部決まっていて、チケットも売り出した後に不採択、となると、とんだ赤字事業になる可能性があるのである。もとは、コロナ禍で収入の場をなくしたアーティストたちを支援するための事業が、問題事業になっていっている。

 

今は、オリンピック面で、学ばない人たちの、

またか、、、

に我々は呆れている日々だが、

何で企画する前に想定できなかったのか、という残念なことは、そっちでもこっちでも起こっていて、結構私巻き込まれてるかも。

 

こういうのも、今私が取り組んでいる仕事の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です