こっそり、でも、きちんと、ピラティス

今日はピラティスのお話です。
私が取得した団体のスタジオは全国各地にあり(アメリカの流派です)この近辺だと、神保町にもありますし、
神楽坂にもあります(した)。いずれもグレード2というランクで、2はこの流派の有資格者ではないかたの指導もあり、
グレード1のスタジオですと、この流派のインストラクターがそろっているということになっています。

九段下、飯田橋至近には、ここのスタジオが無いので、
私が初!と思っていましたら、3月中旬に神楽坂スタジオが移転して飯田橋駅至近にオープンいたしました。
しかも、グレード1にランクアップです。

良く言えば、そのスタジオで提供しているものが、私のスタジオでも受けられる、ということになります。
入会金、通い放題(しかも通わなくなる矛盾、、、)払わずとも、自分のペースでやっていける利点。

うちは、プライベートレッスンですので、
誰も見ている人がいませんから、
キラキラした若い人に混ざってピラティスやることに、
ちょっと躊躇してしまうような方に、寄り添います。
そもそも、ジャージとかレギンス姿になるのさえ躊躇してしまう方も多いと思います。

この前セッションしたママさんは、
日々の立ち仕事&運動不足で身体がガチガチ。
なんとかしたい、という思いは常にお持ちです。
でも、いきなりやりだすと次の日とその次の日とロボ子になってしまいますから、
その方の様子を見て、強度、回数など見極めていきます。
ピタピタの装いではなく、普段着で行いましたし。

大勢に混じってよりも、
こっそり、でも、きちんとやっていきたい人は、
こういう方がいいんじゃないかなーーと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。