靴のフィッティング

友達が行ったという、靴のフィッティングに行ってきました。

前にも書いたことがありますが、右足が打ちづらく、何か気づきがあるといいな、と思い。。。

そもそも足自体の問題ではないかもしれないのですが。

 

で、足の悩み、フラメンコのときのことなので、お店の方が分かるかどうかということもありますが

足の打ちづらさの悩みをひと通りお伝えして、

検査?が始まります。

 

左右バランスは、なんとも素晴らしく、ハーフ&ハーフ!!

前後は少し前気味でしたが、これもとても良いようでした。

 

私は、右足が小さく、いつも右の靴にフィット感が無くゆるいと思ってきました。

しかし、計測では

左21,1

右21,3

と、右が少し大きい。

(小ささに驚かないでくださーい!)

これは、ちゃんと説明がつくようで、

左足でがんばっているので、左足のほうが幅が広くなっていて、

本当は右足のほうが大きいのに小さく感じてしまっているということだそうです。

(ちょっと、うまく説明できた気がしないが、そんなところです)

だからか、左の腰、膝が少し前に出でいる。

 

ちょっとテーピングしてもいいですか?と

土踏まずにテーピングをしただけで

踵のほうに重心が少し移り、なおかつ足指にも力が入る感覚。

おおつ。!これは、あらゆあらゆるパフォーマンスが上がる予感。

 

そして、左の腰、膝も引っ込んだ、とのこと。

 

常に、右の足全体が外側(小指側)に体重がかかりやすく、

外側にアーチを描いているような気がして、

足の内側を真っ直ぐに整えるような力を加えて打ってきましたが、

左足の土踏まずにクッションを入れてあげると

右足が整う。

さらに、左腰、膝も引っ込む。

 

というわけで、右足の違和感は左足由来と(足だけ見ると)考えられるとのこと。

 

上記、調整は全てお店の方がどんどんやってくれて、

「そうなんですー、そこに違和感感じてたんですー!」

というところに行き着くという凄いものでした。

 

さて、踊りの際の違和感が無くなるかどうかはこれからですが、

またご報告すべきことあれば書きますね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です